2017年8月 6日 (日)

移動型店舗 千葉1stの林です。

暑い日が続きますが体調崩したりしていませんか?

先日、ブルーベリー農園を経営されているお客様のところに訪問してきました。千葉県はブルーベリーの生産量全国5位です。君津市、木更津市はブルーベリー農園が多く、今の時期はブルーベリー狩りが盛んです。

Img0655_a

ブルーベリーを育てて30年、門馬さんのお宅です。
生のブルーベリーだけでなくジャムも作り、あちこちの直売所で販売されています。

Img0657b

ブルーベリー狩りのお客様が収穫した物です。これだけ食べたらとっても目に良さそうですね。

Img0659_c_2

ブルーベリーはこんな風に木になっています。みなさんご存じでした?

Img0662_d

キャプテンと門馬さんのツーショットです!

Img0674_e

夏休み、千葉県にお越しの際はぜひブルーベリー狩り体験してみて下さい。
 

移動型店舗・訪問サービスのクーリエ

千葉担当  林

2017年5月14日 (日)

富山県高岡市にクーリエ活動が5月15日スタートします!

はじめまして 移動型店舗・富山1st店担当の斎藤です。

この度、メガネの三城高岡戸出店を拠点にして、高岡本店、ピアゴ小矢部店、アピタ砺波店と4店舗が連携して、訪問サービスを始めました。外出が困難な方や、自動車免許を返上してお店まで行けない方は、お客様の元へお伺いさせて頂きます。主な活動エリアは、高岡市・氷見市・射水市・小矢部市・砺波市・南砺市になりますので、お困りの方はご一報くださいませ。白の専用車に視力・聴力測定やメガネ・補聴器の調整、販売が出来る機材を搭載してお伺いさせて頂きます。

Photoこんなクルマで走っています。

これからどうぞよろしくお願い致します。

移動型店舗・訪問サービス担当 斎藤

2017年4月30日 (日)

宮崎2ndの吉川です。

定期的に訪問させて頂いているデイサービスでのことです。メガネのクリーニング時たまに時計のベルトを洗浄する事(超音波洗浄機できれいになります)があるのですが、ある看護師さんの時計をお預かりしましたら、ビンテージの風合い漂うIWCの腕時計でした。

Unnamed_6

お父様の形見の時計でずっと大事に使っているとの事でした。

長い年月を経た時計は、様々な景色や空気に触れ、そして今へ引き継がれて時を刻んでいます。大事な時計を見せて頂き私も今は亡き親父からもらった万年筆を思い出しました。

これからも、この時計を思い出とともに大切に使い続けて欲しいなと思いました。

移動型店舗・訪問サービス 宮崎2nd 吉川

2017年3月25日 (土)

宮城1stの佐藤です。

東日本大震災から6年が経ちました。復興庁の発表によりますと、避難者の数は全国でまだ12万人以上いらっしゃるとのことです。震災後の復興においては、まだまだ元の生活に戻るには時間がかかるといえます。私は陸前高田市・石巻市・大槌町・大船渡市を中心に支援活動を続けており、今回はその地域の現状を画像でご紹介したいと思います。

写真は大船渡 門之浜湾の防波堤です。15メートルの防波堤を建設中だそうですが、まだ半分の出来上がりです。

Img_10249

門之浜湾の防波堤建築の後ろになります。未だ、土地の整地も行われてません。

Img_20250

太田仮設住宅です。  この3月で封鎖になりますが、住民の3割50世帯程度が現在も住まわれています。

Img_30251

大船渡市の全ての仮設住宅を統括されているマネージャー新沼様です。三城の支援活動に大変なご協力を頂きました。(新沼利雄 様FACEbookあります)

Img_40252

陸前高田の高田松原を挟んだ所に建っている5階建公営住宅です。現状も当時のまま残っております。 5階の天井まで津波が届いてる様子がわかります。

Img_50254

陸前高田の旧住宅地中心地に盛り土された山です。4トントラックの大きさと比べて下さい。 未だこのような状況です。

Img_60257

まだまだ被災地の傷跡は残ったままです。報道されていない部分もまだまだ多く、私はこの支援活動を継続しながら、被災地の状況をたくさんの人に伝えていきたいと思います。

移動型店舗 クーリエ宮城1st 佐藤

2017年3月 5日 (日)

移動型店舗 宮崎1st店の金丸です。

私が活動拠点にしているお店は「メガネの三城神宮店」です。

Dsc_2083_

このお店の近くにある「宮崎神宮」は、日本の初代天皇(神武天皇)を祀る由緒正しき神社です。1960年代~70年代にご結婚されて宮崎県にハネムーン旅行をされている方などは、この宮崎神宮を参拝されているかもしれませんね。

Dsc_7943_00004

Dsc_7941_00003

宮崎神宮は県庁所在地でもあります宮崎市にあるという事もありまして、年間参拝客や正月三が日の初詣客の数でも県下ナンバーワンの神社ですし、神社周辺の神宮の森はウォーキングやバードウォッチングなどを楽しむ方も多く、またパワースポットでもあります。

神話の国 日向(ひむか) 宮崎県には神話にまつわる神社が数多くあります。宮崎県にお越しの際には宮崎神宮で参拝された後、ぜひメガネの三城 神宮店へも足を伸ばして下さいませ。神宮店・宮崎1st店スタッフ一同心よりお待ちいたしております(^ ^)

2017年1月 6日 (金)

あけましておめでとうございます!

移動型店舗「クーリエ」静岡1stの佐瀬です。

今年は元旦から良いお天気に恵まれ、静岡県は伊豆の海岸にて初日の出を拝ませていただきました。

Photo

新年を迎え気持ちを新たに、実店舗にはできない移動店舗独自のサービスを探求し、お客様のお困りごと解決のお力添えができますよう活動して参ります。
クーリエのうれしいサービス→http://xn--ickn1prc.jp/concept/
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Photo_2

クーリエ静岡1st 佐瀬・川原
2016年12月28日 (水)

クーリエ熊本2ndの長田です。

先日、熊本県南部の人吉市のお客様のところにお伺いしました。

A

何か作業中のようで、お尋ねしてみると…

B

なんと!立派な門松を製作中でした。材料から取り揃えて毎年作られているようです。

C

この門松はご近所の方やお友達に配られているそうです。「持って帰っていいぞ!」のお言葉に甘えて頂いちゃいました。
今年もいろんな場所に行きましたが、2017年もお客様の元へお伺いします!
移動型店舗クーリエ熊本2nd 長田
2016年12月16日 (金)

移動型店舗クーリエ 高知1stの大住です。

自然豊かな町「本山町」には、2014年から毎年2回訪問させていただいています。プラチナセンターをお借りして、メガネや補聴器のメンテナンスから販売までお手伝いさせてもらっています。

Unnamed

今回が5回目の開催となり、多数のお客様にご来場くださいました。毎回ご来場くださる‘お馴染み’のお客様も増えてきて、楽しみのひとつになっています。

外出が困難な方にはご自宅までお伺いしておりますので、たいへん喜んでいただいています。

天空の郷から報告でした。

クーリエ高知1st 大住

2016年11月30日 (水)

こんにちは 移動型店舗クーリエ徳島1stの新居田と小倉です。

11月27日(日)に視聴覚障がい者支援センター主催の「ハートフルフェスタ」が、あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)にて開催され、私たちも出展参加させて頂きました。

障がいのある人もない人もみんなで集おう を合言葉に、福祉機器の展示や障がい者向けお化粧講座があったり、盲導犬・聴導犬の体験ができる、ユニバーサル社会を実現するための催しでした。

私たちクーリエ(メガネの三城)ブースでは、持ち運びできる拡大読書器と電子ルーペをご用意して実際の見え方などを体験して頂きました。

Photo_3もちろんメガネのメンテナンスサービスもさせていただきました!

盲導犬も来てくれましたよ。

Unnamed_2

只今訓練中という聴導犬と訓練士さんも参加されていて、いろんなお話しも聴かせて頂きました。

Photo_4

その他たくさんの福祉機器メーカーさんも参加されていて、今までに見たこともない福祉機器にふれる事もできて、障がい者や高齢者が安心して生活できる社会についてあらためて考える1日でした。

移動型店舗クーリエ徳島1st 新居田 小倉

2016年11月12日 (土)

こんにちは。

10月から移動型店舗クーリエ高知2ndの担当になりました森沢です。高知は東西に広い県なので、高知2ndは主に西の地区で活動しています。今回は私が普段活動している地域の紹介をします。

四万十市から車で約1時間、土佐清水市です。この日はお客様のメガネを調整するため、観光地としても有名な足摺岬までやってきました。

Photo

四国の最南端になるので展望台からの眺めは一面の海!景色を楽しみたい方にはぜひおすすめの所です。

ふと後ろを見ると写真を撮っている姿に興味津々の子猫が…

Photo_2

地域猫でしょうか?とても人慣れしており観光客にも人気のようです。一緒に遊びたい気持ちをこらえて次にお待ちのお客様の元へ・・・

お次は黒潮町佐賀です。高知といえば鰹のたたきが有名ですが、この地域では特に鰹の一本釣り漁船が多く、鰹のタタキを目当てに訪れる方も多いようです。写真は道の駅なぶら土佐佐賀で撮りました。

1

周辺案内の看板右側、1本釣りの写真が取れるようになっていますね。

ここの名物といえばなんといっても鰹のタタキ定食。薬味たっぷりのたれタタキか、黒潮町産天日塩を使った塩タタキにするかいつも迷います。お昼にタタキを!といきたい所ですが、これからお客様の所へ行くのにニンニクたっぷりのタタキはよろしくないので断念。(やはり高知の鰹のたたきにニンニクはかかせない!)

他にも四万十町や西土佐方面など、お店まで遠くて移動が大変な地域もよく行っています。「遠い所まで来てくれてありがとう」のお言葉をよくいただきますが、メガネや補聴器でお困りだったお客様が調整後に笑顔になった時、とてもやりがいを感じます。

高知はまだまだ交通網が充実していない地域が多く、活動を続けるごとにクーリエ活動の必要性を感じます。今後も活動を通じて、お客様の笑顔を数多く見られるようがんばります。

移動型店舗 クーリエ高知2nd 森沢